「領域a」

ここ数日、頭が割れるように痛い。「割れる」という表現は少々、オーバーであるが、彼女にとって、数日に渡っての頭痛というのは経験したことがなかった。そのため、少々オーバーな表現をした。彼女の頭痛の原因など分かりきっているのに。


あの日のままで変わらない我、


残された人の時間というのは止まってしまう。彼女もそうであった。頭痛という体調の変化は、時間が止まったように感じるそうだ。永久のごとく、押し黙った時間のようだと。そんなことはありえないし、痛み止めを飲めば、一時的に痛さは収まる。だけれども、何かを断ち切ってしまったような気がしてあまり気が乗らない。そのため、彼女は余程痛くない限りは、痛み止めを飲まない。

 

作り出された存在というのがあり得ることだとしたら。そんな空想をしたことがある。作り出されたということは、誰かにとって、都合の良い存在でなければいけない。しかし、都合の良すぎる存在というのは、不自然であるし、他者から見れば、異形の姿でしかないのだ。彼女の作り出された存在というのは、無関係な人の手によって壊された。

 

話は、戻るが、彼女が頭の痛い理由とは何か。アディクションの後遺症ままならない。空いてしまった穴を埋めるために、アディクション的行動を取るのだ。そういうのは、とある疾患の感覚に似ているらしい。そんなことをしても、何も変わらないことは分かっているのだけど。

 

加速する世界の中で、あの人たちはどう暮らして行くのだろうか。彼女は、ふと思った。手放してしまったが、情報や世間の移り変わりというのはあまりにも早い、ぐだぐだしていると取り残されてしまう。はっ、彼女もか。彼女自身も、そう思った。だからと言って、対処する術などないけど。

 

next→領域b

「書くという行為」

学生にとって、ものを書くという行為は嫌な思い出と結びつくことが多いらしい。
例えば、読書感想文や、人権作文。夏休みの宿題として課されることも多いが、苦労した人も多いのではないだろうか。私も、小学生の時は、長文を書くのが苦手だったので、苦労した。しかも、課題本を、エッセイか評論で決めることが多かった。そのため、あらすじを書いて行数を稼ぐこともできず、大変苦痛な作業であった。
また、中学生や高校生になれば、反省文を書いたことがある人もいるだろう。書いたことはないが、人の反省文の手伝いをしたことはある。それは、400字詰め原稿用紙を1枚埋めるだけの作業だったのたが、それは中々大変だった。とりあえず、嘘を並べて埋めた覚えがある。あの作業は苦痛だ。
このようなことから、学生は課題以外で、長文を書くというのは好ましく行為であることが多い。

そのため、何か大量の情報を伝えたい場合、主に口を使って伝達するそうだ。(例外的に口を使って気恥ずかしい時は、文でも伝えることがあるらしい。例えば、何らかしらの暴露とか)

 口で情報を伝達するとなると、伝えた言葉以上の情報が相手に伝わることとなる。例えば、表情や、イントネーション、声の大きさなのだ。これらの要素を複合して、ものを伝えるこことなる。

文字に起こすのが面倒であったり、嫌な記憶に結びつきやすいとしても、口で情報を伝えるのは怖くはないのだろうか。

口で情報を伝えると、書く手間は省けるが、発信者が意図していない伝わり方をすることがある。それは、言葉以外の要素によって。もちろん、文字情報であっても、同じことは言える。それでも、文字情報の場合、相手に伝達する前に、読み返すことは可能だし、わかりにくい表現を避けるように気をつければいいだけの話だ。

しかし、口での情報伝達は違う。会議などで、事前に伝達する内容を考えられることもある。が、多くの場合は、考える時間など数秒しか用意されていないのだ。そういうのは、かなり怖いと思う。取り返しの付かない事態になってしまうのではないかと考えてしまう。

過去にこんな失敗をしたことがあった。

とある会議のことであった。その会議は自分自身のことについて語るというものであった。そのため、私は自分に関わりのある、青年期の若者の行動パターンの1つについて話をした。私は、とある行動パターンに当てはまった人であったし、それについての知識も自信があった。そのため、得意になって、長い尺を使い、その話をした。場にいた、年配の方の様子を見ると、受けは良かったし、満足した気分で会議を終えた。

しかし、ここで私は場にいた若者に対しての配慮を忘れていたのだ。語った内容は、かなり影響力があるものであった。特に、心理的に瀬戸際にいる人にとっては。後から聞いた話によると、私の話を聞いたことによって、心に不調をきたしてしまった人がいたそうだ。受け手自身の元々の問題もあったが、私が要因を引き出してしまったのであった。

 

それ以来、人前で真面目な話をするのがめっきりと怖くなってしまった。私の話を聞いても、影響を受けないだろう相手の前でしか、人前で真面目な話はしない。その他の人の前では道化を演じることが多くなった。道化といっても、やり過ぎない程度に、周囲に合わせるということだが。

私の話に影響を受けないだろう人というのは、以前は身の回りに複数人いた。最近は減少傾向にあるのだが。一人ひとりの負担にさせる訳にもいかないので、控えめに話すようにはしている。ただし、申し訳ないなと思っている。人にまともな話をするたびに、汚染物質の処理に手伝ってくれているのだなと思ってしまう。それは電子の世界の住人に対しても。

私の問題が解決するまで、私は書くという行為を繰り返すのでしょう。

「概念や記憶に関する断章」

a.

「概念」で作り出された存在というのは、あり得ないことらしい。そういう存在があれば、究極の世界との同化だと思っていたのだが。

世界とつながることが、理想というわけでもない。人々の意識の上に浮かび上がる存在というのには、少し憧れを抱くけども。ただし、誰かに思い出してもらったり、覚え続けられる必要はない。

 

 

b.

Aの余計な個性を死なせたらどうなるのだろうか。無個性な中性的な存在になれるのだろうか。

Aが個性の死を望む理由は分からない。管理者がわからないのなら、誰にも分かるわけがないだろう。予想される仮説としては、ただ、考える苦しみから逃れたいのかもしれない。Aの思考は止まることを知らない。時間があれば、強制的に思考は襲ってくる。他のことに集中すれば、拭い取れるのだろうが、Aは手立てを知らない。

 

 

c.

肉体的には長生きをすることは目標であるが、精神的に長生きはしたくない。身体という物質を長持ちさせることには興味があるが、精神的には長生きはしたくない。むしろ、早めに死にたい。しかし、このアンビバレントな状態のまま、長生きするのは面白いのだろうか。誰かの調査対象にでもなるのだろうか。そういうことなら、精神も長生きをしたがるのだろうか。矛盾だらけの、社会的なゴミが長生きするのは無意味すぎて、逆に面白くなってくるので、Aは恐らく長生きをするのでしょう。

 

 

d.

鮮烈な生き方をすれば、長生きをする必要はないのかもしれない。例えば、尾崎豊は若くして亡くなっが、今だに語り継がれる、伝説のロックンローラーとして存在している。南条あやだって、二階堂奥歯だって、若くして亡くなったが、今だに語り継がれる存在だ。

つまり、何かしら鮮烈な生き様を見せつければ、若くして亡くなっても、誰かの記憶には残り続けるのではないだろうか。誰かを魅了させる、才能は必要だが。

 

 

e.

破滅的な生き方をすれば、全てを捨て去るぐらいの覚悟があれば、鮮烈さは生まれるのでしょう。しかし、Aにはできないのでしょう。そこで、長生きするという手に逃げているのでしょうね。長く生きれば、誰かの記憶に残る確率は上がります。しかし、Aは誰かの記憶に残りたくはないと言っていた。矛盾している。Aはどちらを望んでいるのでしょうか。

 

南条あやは最後の詩にこのようなことを記していた。「誰も私の名前を呼ばなくなることが 私の最後の望み」と。それと同じような感覚なのだろうか。結局、誰もが呼ばなくなることはなかった。今だに、知っている人がいる。

 

 

f.

自死というのには、莫大なエネルギーが必要である。Aには重大で永久的な自己の欠損をするだけの、覚悟がない。それは、ある意味良いことである。Aは自死で死なずにすむでしょう。しかし、代償が生まれた。

Aの回避行動を「『故意に自分の健康を害する』症候群」と名付けましょうか。

無意識の自殺願望を身体の一部に局所化することによって、肉体の死を避けているのでしょう。1938年には、「局部自殺」なんて言ったものです。1969年には、「パラ自殺」と言ったものです。Aは、ぎりぎりの所で、回避行動を取っているのです。

 

 

g.

「恒久的な肉体の喪失」

そんなことをしてしまえば、人は死ぬ。だけれども、それに実感というのは生まれるのだろうか。生者は、見たことはあっても、経験したことなんてないのだ。一時的に、臨死体験をすることは人によってはあるかもしれないけど。

 

 

h.

「私」という、特定の意識さえ生き残れば、肉体は誰かに上げてしまっても構わない。

そういう認識が、故意の肉体的損傷につながるだろうか。

 

 

I.

肉体と、精神はなぜここまで協力的でないのだろうか。精神は、概念化を目指す。肉体は、長期利用できる身体を目指して、一度だけのゲームを楽しむ。 どちらにせよ、時間は必要であるから、利害は一致している。しかし、最終着地点は違う。精神は、概念化を目指し、最後に健康な肉体の喪失を目指している。肉体は、きれいな状態で長期利用できるものを目指している。昔の人は「健康な精神は健全な肉体に宿る」なんて言ったものだ。あったこっちゃない。

ここまで反逆してくると面白くなってくる。どちらの理想が、勝つのだろうか。