ある日、わたしたちの星は落ち神は消えた。

誰の選択でもない、意図もない、ただ相対的に落ちただけだ。

わたしたちは星を助けなかった。今まで通りの生活、なんてできるわけないのだけど、それはなかったことにしたくて、見ないふりをした。

星に対して愛とかなかったのかって、好きだったら、なんとかするんじゃないかって、そんな気力があったらいいねって話で。なにもかもできない。壊れてしまった星では。

星は助けを求める。だが、人々は無関心だ。気力を奪い取ってしまっていたのかもしれない。星として輝くためにまわりの力を奪っていた。明るいところに物資は集まり、影ができる。強い光の裏には強力な影ができて。そんなものかと星は思い、諦めて。降り注ぐ恒久の、

降り注ぐような明るさも無くなって、久しぶりに夢を見た。今までは眩しすぎてよく寝られなかった。夢といっても楽しいことではなく、ただ、何もないところに歩いて行くだけの話であった。よくわからなかった。

明るさが愛とか言うなら、そんなものに呑まれたくないと思った。

星が近づき、私たちは遠のいて。眩しくない距離を探している。







焦げた匂い

ある日、わたしたちの星は落ち神は消えた。

誰の選択でもない、意図もない、ただ相対的に落ちただけだ。

わたしたちは星を助けなかった。今まで通りの生活、なんてできるわけないのだけど、それはなかったことにしたくて、見ないふりをした。

星に対して愛とかなかったのかって、好きだったら、なんとかするんじゃないかって、そんな気力があったらいいねって話で。なにもかもできない。壊れてしまった星では。

星は助けを求める。だが、人々は無関心だ。気力を奪い取ってしまっていたのかもしれない。星として輝くためにまわりの力を奪っていた。明るいところに物資は集まり、影ができる。強い光の裏には強力な影ができて。そんなものかと星は思い、諦めて。降り注ぐ恒久の、

降り注ぐような明るさも無くなって、久しぶりに夢を見た。今までは眩しすぎてよく寝られなかった。夢といっても楽しいことではなく、ただ、何もないところに歩いて行くだけの話であった。よくわからなかった。

明るさが愛とか言うなら、そんなものに呑まれたくないと思った。

星が近づき、私たちは遠のいて。眩しくない距離を探している。







多面体みたいな食事

電子の海の集合体。

境界は薄れてく。我々は賢いのだ。

個々の間などなく、同化していく。我々に間などいらない。時間の無駄だ。

 

それでよかったのだろうか?

 

器を広げる。意見を流し込む。お皿を洗う、抗菌を施す。

ピテカントロプスになりたい、退化すればもう一度進化することができる。こんなの息苦しいだけだ。泥は泥のままでよかった。

泥から泥を売るの。それの繰り返しでしかなかったの。

綺麗な言葉なんていらない、それに隠れた物語達はどうなるの?

 

でも、綺麗なご飯を食べてみたいと思った。クラフトペーパーの作り物ではなく、泥団子でもなく、多面体のご飯を食べてみたいと思った。今更遅いのかしら。

そんなことはないって言われるような抗菌剤が存在したらいいのに。他力本願で、物語の傾向は変わらず、沈んでいき、いつもがあって。羽をもぎってパンを得るみたいな。それしかなかった。良き生活のためには。最適化はされてないことはわかりきってる。こちらの資本がいつ切れるかの戦い、それを休める場はない。

 

今なら電子の海の無力さが分かるかしら。ゴミミタイナ部位シカ見テナイダケジャナイカ。海はいつもと変わらない。多少の塩味。

 

お腹空いたな、