エッセイ

夏祭り

私にとって最も重要な夏祭りといえば、日本一やかましい祭とも言われている石取祭だ。今年もその季節がやってきて祭車をぼーっと眺めた。この祭は何時にやっている、とかそういう概念はあるといえばあるのだけど、基本、神様の前で各地区が発表するまでは、…

お話、お話の始まりと終わり

爽やかな気持ちも、穏やかな心もそれは全て見せかけだった。本当は起こってもないことを感じ取っていたか、まわりに絆されただけか。おそらく絆されていたのだろう。周りの優しさ、生ぬるさ、それが物語を捨てさせようとしていた。 幸せな人生を選択するなら…

おもちゃ箱

今週のお題「わたしのインターネット歴」 久しぶりに電子に溶ける夢を見た。 連日の暑さが原因であろうか。いや、他にも思い当たる節はあるが、それを肯定する気にはならない。 今週のお題は「わたしのインターネット歴」だそうだ。インターネットといえば、…

彼だけの守護天使

もし彼らの前に神様が現れたら、人はどのような行動を取るのだろうか? 神、というのが何かはよく分からないが、それはどんな姿をしているのかは気になったりもする。神というくらいだから、素晴らしく美しい姿でもしているのだろうか。神様、というのは偽物…

光芒

断片的な話。 死者も生者も誰のことも救いたくはないが、僕は勝手に救われてしまったのかもしれない。ある作品によって。作品を創った人は既に死んだ人であるし、そもそも作品が作られた頃、僕はまだ生まれてもいなかった。ひょんなことから、その作品群に触…

ほんのり狂気なふりして全く日常的な

今週のお題 「わたしのモチベーションを上げるもの」 こんにちは。鈴木夢眠です。遅れてお題について書いてますが、モチベーションを上げるものなど存在するんでしょうか? お題意図としては、個人なりの上げ方っていうのを紹介してほしいのでしょうか。まあ…

野辺送り

物語の海は沈めたまま帰って来なかった。 平成の物語は平成のうちに終わらせるべきであり、それを終わらせるためには口を封じて、それをパフォーマンスにすれば面白い。 そういう考えが支持された。物語を証言するものは永久に消え去ってしまった。消せば全…

遊戯

やっぱり美しすぎた。物語は傷に、海に、そして君の笑顔に還っていった。 ■■との一件も勝手に解決したように見えて、何も終わってないのかもしれない。天井に気付かず、薪をくべる。そんな日々が広がって、静かに横たわっていた。 蟹は多面体になっていた。…

綺麗に吐き出すだけの手段は無くて

ふと物語の断片を摑まえる。特定はしない、どうせ誰かの断片の断片だろう。言語化させよう。イメージを文字に、物語に。できるだけ造形物で覆って、美しいように、それはいつも通りに。 なぜかできなかった。汚い吐瀉物にしかならない。物語とも言えない何か…

眩暈

とても眩しかった。届かないと思っていた。永遠に息なんて続かないから、諦めてた。 いつの間にか近づいてた、眩いばかりの枠組。思わず目を背けた。1本だけ編み上がった線を見せてくれて、その魅力を伝える、ーー。抜けられない箱があった。良さはわかって…

ある日、わたしたちの星は落ち神は消えた。 誰の選択でもない、意図もない、ただ相対的に落ちただけだ。 わたしたちは星を助けなかった。今まで通りの生活、なんてできるわけないのだけど、それはなかったことにしたくて、見ないふりをした。 星に対して愛と…

焦げた匂い

ある日、わたしたちの星は落ち神は消えた。 誰の選択でもない、意図もない、ただ相対的に落ちただけだ。 わたしたちは星を助けなかった。今まで通りの生活、なんてできるわけないのだけど、それはなかったことにしたくて、見ないふりをした。 星に対して愛と…

多面体みたいな食事

電子の海の集合体。 境界は薄れてく。我々は賢いのだ。 個々の間などなく、同化していく。我々に間などいらない。時間の無駄だ。 それでよかったのだろうか? 器を広げる。意見を流し込む。お皿を洗う、抗菌を施す。 ピテカントロプスになりたい、退化すれば…

没を没に、祈りを呪いに

彼女は■■■に似ている。どことなく儚い感じがして、退廃的な美しさを持っている。 彼女と時折会話をするが、どこか夢みたいで本当のことをやりとりしている感じがしない。確かに、会ったことはあるとはいえ、数年お会いしてはいないし、そういうのが原因かと…

没後19年

昨年は記事を書くことができなかったので今年はちゃんと書こうと思う。昨年はtweetで少し触れただけであったので。以下、去年のtweetである。 2017.3.30あれは、18年前。今年はブログ記事を書くことは避けようと思っているけど、何となく、南条あやさんのこ…

国際女性デーと家人の誕生日

2018 年国際女性デーをお祝いしましょう。今日の #GoogleDoodle で世界中の女性たちのストーリーをご覧ください。 お久しぶりです、鈴木夢眠です。 本日は国際婦人デーだそうです。ジェンダー学見習いの身としては触れておきたいテーマだなと思い記事を書い…

個人的なことを言葉にする(備忘録)

何回目かの文フリに参加した。新しい出会いがあったり、たくさんのことを思考したり。充実した1日だったと思う。言語をやり取りしてて、思ったことがあったので忘れないうちに書いておこうと思う。 ・ハリボテ鈴木夢眠は完璧主義なのでは? と言われた。全く…

「受容」

いつか、いつの日か私のことを丸ごと受け入れてくれる人が現れるかもしれない。そんなことを昔は考えていたものだが、そんな人など存在しない。 では、私自身は、誰かを丸ごとに受け入れたことがあっただろうか。許容と理解なら、あり得るが、受け入れたこと…

「所在はどこにあるのか」

私が、何か行動を起こしたとする。それは、私自身の責任の上で行なっていることとなる。何か特殊な事情がない限りは。しかし、時々感覚というのが不安定になるときがある。私がやったという客観的事実としては認められるが、実感がない時がある。実感として…

「残光」

(誰かの手記、もしくは隠された考え) 私は世界の全てを恨んでいる。産みの親も、家族も、地域も、学校も、地球も全て嫌いだ。もう過去のことと割り切ってしまえばいいのに、割り切れないままでいる。嫌いになったのは、とうに昔で、もうエネルギーなんて切…

「安心した空間創り」

何か新しいことを始める時、皆様はどんなことを考えているだろうか。成功したときの報酬を思い浮かべるだろうか。それとも、好きな人のことでも考えるのだろうか。人をそれぞれだと思う。 私は、気持ちが一番安定していた時を思い出す。私の中で安定とは、帰…

「色のある世界」

昔、私は色の世界が嫌いだった。いや、色を選択することが嫌いだったのだ。 「この人は何を言っているのだ」そう思う人も多いだろう。これは事実である。私は、色を識別できない機能的な問題があった訳ではない。それならば簡単に諦めがついてよかっただろう…

南条あやさんの話

お久しぶりです。今年も、南条あやさんの話をしたい。去年も同じ日に記事を書いた。私の中ではまだまだ風化していないことなのだ。

南条あやさん

今日、3月30日はある人物の命日なのだが分かるだろうか? 若い世代は知らない人が多いと思うが、今日は南条あやさんの命日だ。彼女は1999年3月30日に亡くなった。18歳の若さで。 そのような経緯で今日は、南条あや氏の追悼特集をしたいと思う。 南条あや氏と…

アイデンティティーの確立

私は日常生活で「アイデンティティーの確立」という単語をよく聞く。私にとってはそれは日常で、何の疑問も持たないのだが、一般的にはあまり使わない言葉らしい。それなら、私なりの「アイデンティティーの確立」の話をしよう。

歴史は繰り返される

先日、私は南条あやさんの日記を久し振りに読み返していた。考えることがたくさんあったので、個人的に思った事を記事にしてみる。