「少女の記憶」(連作な歌)

今回は、形式を変えて見ました。連作短歌というものです。現代文ですが。
ある、少女だったものの記憶。

追いかける
過去のパネルを
心のために
追いついた時
翼が生える

翼生やし
少女は夢を
描き始める
実現せずに
消え失せ泣く

新しい
世界ににて
少女は
歓喜をあげる
分からないのに

その場所は
暗い世界
終わりなき
永久の時間
光ささない

少女は
うごめく影を
見ないふり
もう少しだけ
夢に生きたい

現実を
受け入れる時
少女は受ける
終わりの合図
消えはじめる

箱になり
少女は世界
溶けていく
もう誰にも
気づかれない

それでもね
残った問題
記憶の中
人々の記憶
爪痕残し

ーーー少女は消えた。そして……

夢の中
消えていく夢
朝が来る
今日は生誕
新しい夢