読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1本小論文 1日目

テーマ 「子どもの貧困」

文字数 約1200字

近年、日本では先進諸国に比べ、突出して、子どもの貧困率が上がっているという。それはどうしてなのだろうか?

そもそも貧困とは何か。まず、絶対的貧困と、相対的貧困の2つに分けて考える必要性がある。まず、絶対的貧困というのは、必要最低限の生活水準を維持できない状況にあることを指す。対して、相対的貧困というのは、所得の中央値の半分を下回っている世帯のことを指す。日本という国において、絶対的貧困に陥ることは考えにくい。つまり、ここで議論しなければならないことは、相対的貧困についてだ。

日本で子どもがいる現役世代の相対的貧困率は、全体的で、15.1%である。これは、約6人に1人こ子どもが貧困であるということを示す。ここで特に問題になるのは、1人親世帯の貧困率だ。1人親世帯の貧困率は、54.6%と、非常に高い。これは、先進諸国に比べて最悪の水準である。

だからといって、日本の1人親世帯の親が働いていない訳ではない。多くの家庭の親は、真面目に働いているのにも関わらず、貧困な状態に陥っているのだ。諸外国では、親がまともに働けば、貧困である割合は減るのにも関わらず。

なぜ、日本では子どもの貧困が増えているのだろうか? それは、職の形態や、家族形態の変化が考えられる。核家族化が進み、非正規雇用も増えた。また、教育費の増加も考えられている。人並みの、教育を子どもに受けさせようとすると、以前に比べお金がかかるようになったのだ。

格差の大きくなった、現代日本。格差が大きい社会は、なぜよくないのだろうか。それは、社会全体が不安だらけになる可能性があるからだ。例えば、自分が今、貧困な状況にいなかったとしても、病気や失業といった何かのきっかけで、自分も生活に困るかもしれないという不安が強くなるだろう。また、今、貧困な状況にある人は、普通であるはずのことが、普通にできないという、劣等感から、自分には価値のない人間だと思ってしまうこともありうるだろう。そのため、誰にとってもよくない状態であるのだ。

これらの問題を改善するにはどうすればよいのだろうか。まずは、現状に困っている人の支援が考えられる。大きな支援ではなく、小さな支援から始める必要があるだろう。貧困な状況にある人は、周囲から孤立しやすい傾向がある。そのため、まずは、孤立を防ぐ必要があるだろう。地域社会で、人々が共生できるようになればよいと考える。次に、大きな支援だ。国家レベルな動きになるだろう。雇用形態の見直しや、公教育に対して、金銭的な補助などだ。小中学校では、教科書は無償で配布されるが、学用品が無償で配布される訳ではない。学用品を買う費用に困っている人がいるのが現状だ。そのため、学用品もある程度、配布するのもよいと考えている。

子どもの貧困、それは簡単に解決する問題ではない。先日もある番組で取り上げられたが、問題が起こったりもしていた。様々な誤解や、情報混乱が起きているのもまた、事実である。正しい情報を見極め、自分にできる行動をしたいと思う。

 

参考文献

内閣府ホームページ

平成26年度、27年度 子ども・若者白書

 

第3節 子どもの貧困|平成26年版子ども・若者白書(全体版) - 内閣府

第3節 子供の貧困|平成27年版子ども・若者白書(全体版) - 内閣府