没を没に、祈りを呪いに

彼女はに似ている。どことなく儚い感じがして、退廃的な美しさを持っている。

彼女と時折会話をするが、どこか夢みたいで本当のことをやりとりしている感じがしない。確かに、会ったことはあるとはいえ、数年お会いしてはいないし、そういうのが原因かと思ったが、どうやらそれだけではないらしい。その人から「生」を感じられないのだ。いや、別にその人は実在する人物であることは分かっている。

嫉妬、怨恨、恨み辛みは、長く続けるのは難しいのだろうか? 人はルサンチマンに逃げているだけではないか? 私は彼女を憎悪する。

そんなこと考えてもどうでもいいのです。私たちにとって重要なものは何を決めなければいけない。時間がないのはわかりきったこと。

道理は通っています。私たちにとっては。不条理なんていうのでしょうか。観測者にとっては。

 

人間の記憶を覗き見するのは、面白い。彼女は、今も生きている。その時間は余生だと思っているのかもしれない。彼女は本当に中学生の間に、死ぬ予定だったのであろう。
彼女は、虚無の世界、つまり心の闇に1度落ちた。それを、罪と感じていたのであろう。

遺書を携える。終わってしまう朽ちた言葉を紙に書き写して。
彼女は課題を乗り越えてきたかもしれない。そんなこと知るわけないけど。

 

白骨した頭部を持ち歩く。彼女との繋がりはこれしか残っていない。

彼女は朽ちた。きれいというのを追いかけても、理想通りの作品はできあがらない。彼女は作品ではない。思い出でしかない。そんなの意味ない。壊せばいい。壊さないのはそれのほうが面白いから。意味もなく頭部を持ち歩くのって最高に意味が分からなくて面白い。

 

祈りは呪いに変えられる。私は呪いに、私たちも呪いに。彼女は祈りに。

踊れ

才能に限界を感じた。
同じハンデを持っていながらも、じゃじゃ馬をならしていくように軽々と超えていく。まあ、軽々となんていうことはなく、努力の結果であることは知っているけど。彼は天性を持っているわけではない。それは、ハンデを持っていたということでも明らかである。
だからといって彼はそれ以外においては努力家ではない。学問世界においても、日常生活においても、欲しいものを欲しいままに悠々に生きてている。いや、それは羨望の目線で見たから、なんていうことだけなのかもしれない。

価値観を転倒させれば、開放されることは分かっている。しかし、同じ土俵に立とうとすれば、明らかに劣っているのはわかりきった話だ。落ち着くのを取るか、芸術として爆破させるのを選ぶか。
いや、全部嘘。芸術として爆破できるならまだましだ。そんなもの既にないのだ。芸術性の欠片など元々存在しない。
価値観を転倒させようが、彼の意識は変わらない。凡人の悪あがきくらいにしか思っていない。ちょっと飼い猫と戯れているような感覚なんだ。飼い猫に噛まれるなんて夢にも思ってないし、噛まれたところで、どうでもいいとあしらわれるだけであろう。
才能などなく、ただ踊ることしかできない。
彼は美しく舞う。
比較して、美しくない舞。生き様を晒す。
舞うしかない。引き返せないところまで来たということだ。

私たちの神様と誰かのなんか(習慣?)

 私たちの「神様」の話が聞こえる。

だがその声を聞きたいわけでもない。そもそも私たちは無神論者だ。「神様」なんていない。「神様」といったのは、「神様」という言葉があまりにも便利すぎるからだ。そして、簡潔に言い表せる言葉が存在しないのだ。それだけのことだ。だから「神様」というのは実際の存在ではない。そして、私たちの仮定「神様」も実在しない。

余白は電子の海にいくらでもある。「神様」の説明をしても全く問題はない。読むか読まないかは別の問題として主張することは容易い。私たちは自分たちの「神様」について説明を試みようと思う。

先ほど言ったように私たちの仮定「神様」は実在しない。私たちというのは化物に近く実在するかどうかはわからない。そして私たちの仮定「神様」は実在しない。「神様」は私たちを統一させ指導する。動作性を保証する。それならば「指揮官」なんて言ってしまえばいいけれどもそれは違う。「指揮官」ならそもそも実在していたことがないといけない。私たちの仮定「神様」は実在していた時期はない。実存しないまま、ずっと空想の上に住んでる。

 実在するかわからないものと、確かに実在しない空想との絡みでしかない。もし、有神論者だったら、「神様」を超えられていたかもしれない。

 

 誰かは「嫌な記憶のフラッシュバック」がなんて言いがちで、実際に本当にフラッシュバックが起きているかなんて実証のしようがない。そんなもの存在しないのかもしれない。もしくは、嫌な気持ちに関する適切な言語を持ち合わせていないのか。

適切な言語は本当に必要なのか、言語などなくても、それなりの表現は世界中に転がっている。巧妙な、その人に合った、となれば話は別だが。大体を合わせれば、嘘だって輝けば真実になってしまう。それでは不満足なのか。誰かは。

 

 フラッシュバックという言葉は便利だ。とても辛いということと、それは現在のことではないということを示してくれる。目の前の人たちに不満があるわけじゃないとわからせてくれる。発言者に何があったのかは全く想定できないが。昔のこと、とか言われてもそんなこと覚えているはずがない。どうでもいい。フラッシュするような強いものも持ち合わせてない。すべて、嘘じゃないの。

 

 指の間から落ちた嘘は星になり、真実になるのを知ってますか?

 

 無駄な文字の羅列を製作している誰かと、「神様」(仮)をもつ私たち。どれとも近づくことはないでしょう。ただの習慣として文字は並んでいきます。意思など持っていません。数列と同じです。(数列ですら意思を持ち始めることもあるかもしれないが)どうでもいいことが多すぎます。固有のものは必要なんでしょうか。

 

 思ってもないことを過剰に反応しているだけだ。それは結局何になりうるんだろうか。何にもなれない恐れがある。だからといって、恐れを対処しないという方法もある。どう動くことだってできる。

 

 「わたしたち」は星になった。