結局、それは何者だったんですか?

人の記憶は「領域」という言葉に置き換えられるのではないかと思っている。


何年もぐだぐだと「領域」と称した話を書き綴っているけれども、それは人の記憶に固執しているだけのことである。


ある記憶を個人の課題にするのではなく、他の人にも話したいと思ったのが「領域」という考えの始まりである。ただの嫌な記憶でしかないのだけど、物語として昇華すれば面白くなるんじゃないかなと考えていた。条件付きではあったけど。


その条件は、それらを書ききったら、早急に書き手は自害することであった。といっても、今は前述の設定は消えている。なぜなら、1番書きたかった「領域」の話は書き手の記憶から消えてしまって、書くこと、表現することができないからだ。だから、「領域」の話を書ききることはできない。そのため、書き手は自害する必要が無くなった。


書きたかった話に順位をつけるとしたら、2番目に書きたかった話と、3番目に書きたかった話はとうに電子の海やら、どこかの特定個人に対して発表することができた。3番目に話したかったことというのはざっくり言ってしまえば、青年期の人間の話だ。どういう風に人間が思考しただとか、どんな悩みがあっただとか、ちょっと病的な行動だとか。2番目に書きたかった話は、なんだかよく覚えてはいないのだけど、書き手のなかではいつのまにか終わったことになっていた。


2番目に書きたかったことが、あやふやであるのならば、1番目に書きたかったこともあやふやになって、いつのまにかどこかへ発信している可能性があるかもしれない。そう考えるのは妥当であろう。その場合、設定に従うのであれば、書き手は早急に自害しなければならない。だか、その必要はない。1番書きたかった話は、物語の担い手とともに朽ちていった姿をしっかりと確認している。だから、その必要はなさそうである。


「領域」に絡む話を書き続けていけば、そのうち1番書きたかった話に突き当たって、その上で他に書きたいことが無くなれば、書き手は自害する可能性が出てくるのだろうか。それは今の段階では分からない。尽きるのが先で、後1つを探し続けるのか、それともその話を見つけるのが先か。それは書かないとわからない話である。


たまに生きるために文書を書くなんていう人がいるのだけど、そんなのクソ喰らえだと思っている。書き手は領域の話を書ききったら自害する設定になっているし、それとは真逆である。死ぬために文書を書いているといっても過言ではない。しかし、逆にも言える。クソ喰らえだと言いながら、書き手は生きるために文書を書いてもいるのである。それは、アディクションのある概念に近い。アディクション自体は死に近づいてしまうのだが、一時しのぎの延命には繋がるという。行為をする奴はすぐには死なないが、絶対に死なないとも言えない、なんてある界隈では使い古した言葉であって。そんな感じに近いのであろう。

書き手は何に生かされているのだろうか?

 

「領域」はゴミ、もしくは偏見の積み重ねということもできるであろう。記憶が積まれていけば、固定観念と言うのも生まれるであろうし、それによって誤解も生まれるだろう。書き手はゴミを重ねているとも考えられるのだ。それならば、なぜ書き手は書き続けるのだろうか。それは、ただのエゴでしかないであろう。


ゴミは積み重なると悪臭を放つ.


(終)


あとがき

これは、サブブログに書いたものを編集し直して、「領域」の説明に転用したものです。サブブログは現在は消滅してしまいましたが。実はこの記事の原型は2016年末には完成していて、やっと正しい形にできたというのが正直なところです。

初期にはこの後に、詩が続いていて今回の編集で消すか悩んだのですが、このあとがきの後ろに乗せることにします。この部分は全く触っていないので、文体がおかしいところがあります。本当は直したかったのですが、手の施しようがなかったです。もう、書いた時の気持ちに戻れないということでしょうか。一応、詩は本編の補足的な扱いになってます。

今年は、自分の作品を説明できるようになりたいと思っていて、そのために過去に書いた文書を引っ張ってきました。

 

アイソトープ
みんな、どうやって様々な領域や事情から立ち直ってるんだろうか。どうやって、生きてるのだろうか。分子レベルでは共有している部分があって、構成されていて。理解できることはあり得るのだろうか。

・fragment
自分を傷つける為に、人を利用することってあるのかないのか。

そういうのって、あり得るよね。自分で自分に手をくだすのは、怖いから人の手を使って。人の手を穢すことになるけど。そういう繰り返しな気がする。元々、傷ついてる人間を探して、舐め合いどころか、深め合うだけ。悪い方向に。傷の舐め合いは生温くていいですね、そんなんじゃない。傷つきたがってる人間を探してる。やりきれないことってあるじゃないか。生きていたら。償いがしたそうな人間を探す。そういう人間との関係性は気楽なんだわ。勝手に知りたくないことも、何でもかんでも言ってくれて、誰も救われないから。依存とは違う。これに関しては、断言したい。また、マゾ気質なんですか? という話でもない。だって、そんなのいつに始まったことやら。物心ついた頃にはそんな人間関係を好んでいたから。あぁ、こんなことを言ってるとそれなら愛のための物理的暴力も耐えられるのですねなんて思われそうだけど、それとこれとも違う。私が望んでいるのは言葉の暴力だから。
いや、暴力なんていう次元じゃない。なんだろうか、思いやりもあるんだよ。相手なりの。
そういうのが、DVなんですよって言われたら終わりなんだけど。

・neglect(self)
micro harm fragment 
Intermittently self blood

何かを言い表すだけの、必要最低限のパーツ。汚染された場所。
出会いたくはなかったが、必然的であった。回避ルートは、存在しなかった。
人のせいにしても、無駄。そんなことはできない。あり得ない。
壊された組織は元に戻らない。そもそも、やめる気なんてあるのだろうか。回数こそ減ったところで、自己同一性が失われそうで。ただの固執。別にほかのことでもいいんだろうね。記憶は薄れて、体の組織も入れ替わって、触れた組織なんてもうないんだろう。だけど、忘れたくないから、忘れるわけにはいかないから、そんなわがまま。相手は忘れられる権利を行使したがってるんだろうね。
代償行為、でもあるんだよ。そんなことは口が裂けない限りは言わないけどさ。(口語でね)
まぁ、へらへらしとけばいいのさ。真相なんて、いいはしない。生まれながらの、ピエロ気質だから。昔の人間はそういうのは悲しいななんて、ぶつけてきたけど。そんなことももう、昔のことだわ。忘れてしまったわ。

・ no title
漂白された、死骸、抜け殻。脱ぎ捨てられた何か。忘れちまった。何もかも始めからになっちまった。
ここは不衛生な場所ですね。

どこにあるの?

没後19年

 

f:id:YumeCordCore:20180330222215j:plain

昨年は記事を書くことができなかったので今年はちゃんと書こうと思う。昨年はtweetで少し触れただけであったので。以下、去年のtweetである。

 

 

tweetでわかってしまった方もいるだろうが、本日は元祖ネットアイドル南条あや氏の命日である。どんな人物か、というのはネットで名前を検索したらすぐにわかることであるし、過去記事にも書いたので詳しくは触れない。以下2つは自分が過去に書いた記事である。

 

yumecordcore.hatenadiary.jp

yumecordcore.hatenadiary.jp

 

 

毎年、3/30は町の風景を撮ると決めている。(といっても去年はできていない。体調が悪すぎたからだ)年度末であるのも理由の一つではあるが、やはり南条あや氏の影響が大きい。なぜか彼女のことを考えると今一瞬の風景を切り取って、残しておきたいと思うのだ。所属先で一眼レフカメラを借り、私は町に出かけた。今日だけはじっとしていると何か精神に悪影響な気がするのだ。

 

以下、ただの雑記であるがしばしお付き合いいただきたい。(南条あや氏と誰かの話になっている)

 

南条あや氏って、Coccoさんが好きだったなと思い、少しだけカラオケに行った。死の直前に何を歌ってたのかなあとか思いを馳せつつ。南条あや氏のブログがきっかけでCoccoさんの存在を知った。当時、インターネットで検索をかけると「カウントダウン」という曲が上位にあった。初めて曲を聴いた時の驚きは今でも忘れられない。なんて表現をするんだろうか!! という驚きである。この驚きはもう一生ないんじゃないかなという位の話である。それくらい当時の私は驚いた。

f:id:YumeCordCore:20180330161315j:plain

 

そのあと、なんとなくローソンで食料をポイントで引き換え、昨日買ったお菓子を並べて写真を撮った。甘い飲み物、低カロリー食品……。そうするとヨーグルトかチーズかなとか思いつつ。ちなみに無駄にカップ麺の写真を一眼で撮影した。

f:id:YumeCordCore:20180330220737j:plain

f:id:YumeCordCore:20180330220836j:plain

 

 

食後、やらなければならない雑務をこなしつつ桜の写真を撮った。いつの間にか周囲は春模様になっていて、時間の進みが早すぎるなんて考えた。懸命に生きたからそう言えるのか、それとも時代から取り残されたからなのか。答えの推測はできているが、このブログには書かない。写真撮影はそれなりに人通りのあるところで行ったので、素早く済ませた。葉桜が桜の形態の中で一番好きだ。

f:id:YumeCordCore:20180330221033j:plain

 

 

晩は一人芝居を見に行った。いつ伺ってもよかったのだが、なんとなく人がいる場所に行きたいなと思っていたため今日にした。ネタバレ等の都合で細かいことは書けないが、ずっしりとくる内容であった。

 

そんな1日だった。

 

 

 

歳を通り越してしまって、過去の人になっていって、だけど人々の気持ちの中には生き続けて。何を書きたいのか毎年分からなくなっていって、この記事を上げるのは5万字の小説を書くより困難で、それで去年は断念して。

何を捨て去ったらうまく物語がまわるかなんて、とある人の占いコーナーでとうに分かった話なのに。

 

収拾のつかない物語.

 

ご冥福、とか安らかになんて言葉は難しくて。そういう言葉より、意味の解釈を始めてしまう。

 

どれだけしたら忘れ去ることができるんだろうね?

 

 

 

 

国際女性デーと家人の誕生日

f:id:YumeCordCore:20180308183352p:plain

2018 年国際女性デーをお祝いしましょう。今日の #GoogleDoodle で世界中の女性たちのストーリーをご覧ください。

 

お久しぶりです、鈴木夢眠です。 本日は国際婦人デーだそうです。ジェンダー学見習いの身としては触れておきたいテーマだなと思い記事を書いてます。

 

そもそも、国際女性デーとは何なんでしょうか? 検索すると以下のように解説されていました。

 

国際女性デー(国際女性の日)*1

毎年3月8日は、女性の権利と世界平和をめざす「国際女性デー」として、世界各国で記念行事や催しが開催されている。20世紀初頭のアメリカにおける女性の社会主義運動に端を発し、女性の選挙権獲得を求めて「女性デー」として集会を行った1909年2月の最終日曜日(28日)が起源とされている。1910年に開催された第2回国際社会主義女性会議(コペンハーゲン)において、クララ・ツェトキン(ドイツの社会主義者・女性運動指導者)らが、女性問題にかかわるあらゆる要求を国際連帯の下に取り組んでいこうと「国際女性デー」を提唱、多数の賛同を得て採択された。このことを契機に、以降女性デーは世界的に広がっていった。国連では、国際婦人年(1975年)に初めて「国際女性デー」が実施され、1977年には国連総会で「国際女性デー」(3月8日)が決議された。日本初の女性デーは、1923年3月8日に「種蒔き社」主催で行われたが、集会は反対派の妨害で混乱し40分後に警察によって解散させられたという。その後戦争などで一時中断した時代を経て、戦後は政党や労働組合婦人部が中心となって全国各地で集会を行うようになった。現在では、一般の女性団体・グループなども、この日を記念にした事業に取り組んでいる。(2004.3)

 

女性の権利と世界平和を目指す、と大きなことが書かれていますが、一般的な人は何をしたらいいのかよく分からないところです。普段より、様々なサイトや企業さんが情報発信をしていることが多いので、興味深くはあるのですが。

 

個人的な話にもっていくと、毎年のように私の誕生日は「国際婦人デー」なんだと宣伝してくる人のことを思い出します。それは、私の母のことなんですが。なぜか、私が割と小さい頃から、毎年「私の誕生日は国際婦人デーだ」と主張します。母は、ジェンダー問題に詳しい人でもないのでなんで知ってるだと今は思いますが、小さい頃は毎年聞き流していました。その発言に意図があったかどうかは分かりませんが、今よりジェンダーやら、女性の権利だとか言われていなかった時代から主張していたということは少し先進的な人だったのかなと解釈することもできます。まあ、たまたま話題になりそうな記念日が国際女性デーだっただけかもしれませんが。

 

最近の女性問題やら、ジェンダー課題を思考して、こねくりまわして、考える日々が続いてます。流石に公式として電子の海に意見を流すだけの覚悟は決まってないのですが、オフラインの場では意見交流を試みたりしてます。討論をしても問題ない立場にようやくなれたところです。閉鎖的な空間では、出る杭は打たれるだけだったので。今が一番楽しい時だと言い切ることができる。

いつか電子の海に情報を発信できる立場になってみたいものです。今回はエッセイということにして誤魔化したけども。