読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節分

季節の節目、立春という日で、縁起物を食べる日、ということらしいが、最近は商戦のために利用されている日というイメージしかない。スーパーに行けば、節分とバレンタインのPOPや特設コーナーに目が行く。日付がすぎれば、半額コーナー行く商品。まあ、バレンタインの商品はラベルを貼り替えれば、ホワイトデーにも使いまわしできるけど。でも、節分の商品は、日付が過ぎたら、半額コーナーに行くしかない。目立っているのはほんのひとときだけ。行事は人の都合で遊ばれている。
最近は、コンビニの自爆営業というのがあるらしい。店舗ごとに商品を売る数が決まっていて、売れなかったら従業員が自費で買い取ると。節分もそんなイベントだ。恵方巻きを決められた数、売らなきゃいけないと。恵方巻なんて、半分以上受注生産にして、少し店舗に並べればいいだけの話なのに。大体、雰囲気に流されて買う人間に、恵方巻を食べる意味なんて分かっているのだろうか。そういう日だから食べる、そんなのに意味はあるのか。


意味も分からず、恵方巻を食べ、豆まきをする。「鬼はー外、福はー内」なんていいながら。地域によっては落花生を撒くところもあるらしい。ただ、なんとなく「鬼はー外」なんて、言われている鬼はかわいそうだ。誰もが、心の中に鬼を飼っているというのに。だから、私は節分の豆まきの際、このように言う。「福はー内、鬼もー内」と。

小論文+α 第1回「苦しみと美しさ」

リストカットなどに代表される自傷行為はなぜタブーとされているのだろうか。例えば、タトゥーや、スキンリムーバルなどは、皮膚を傷つけるという点では、自傷行為と同じである。しかし、それは場合によっては美しさとして認められることがある。それはどうして認められるのだろうか。自傷行為と別の部分的に似た行為を比較しながら考えて行くこととする。

 

 

自傷行為とタトゥーや入れ墨
自傷行為とタトゥーや入れ墨は、皮膚を傷つけるという点では何ら変わりのない行為だと考えられる。しかし、美しさの世界では明確に分けられる。ただし、両者の境界線は曖昧であるともいえる。確かに、美しさを求めるために、タトゥーや入れ墨をする人もいるが、曖昧なまま行っている人もいるからだ。
日本においては、どちらもタブーとされることが多い。が、スキンリムーバルは、美しさの1つの領域として認められることがある。世間一般の認識としてはあまりよくないのかもしれないが、愛好家がいることは事実である。そのため、曖昧なまま進んでしまう人もいるのではないだろうか。また、アートという形を取ることによって、安全な方法で、皮膚を傷つける確率が上がる。そのような要因も曖昧さの原因ではないだろうか。

自傷行為と過度なスポーツ、筋トレ
自傷行為と、過度なスポーツ、筋トレは自分の健康を害すという点では同じではないだろうか。スポーツも行き過ぎれば、疲労骨折や肉離れなど自分の健康を害すことになる。また、筋トレによる食事制限は食の楽しみを奪うことになるのではないだろうか。しかし、自傷行為と過度なスポーツ、筋トレは明確に区別される。それは、目標があるからだ。筋トレやスポーツには自分の理想や美しさにつながる。実際、筋トレ愛好家によるコンテストは各地で開かれいるわけだし、各種のスポーツ大会は世界中で開催されている。

 


上記の点によって、自傷行為とその他の行為は明確に分けられる。しかし、私が関連付けた理由は「脳内物質の放出」の仮説のためだ。筋トレをしようが、スキンリムーバルをしようが、自傷行為をしようが脳内物質が放出されるのではないだろうか。苦痛を味わうことによって、脳内物質が放出される。その他の行為より、自傷行為がタブーとされるのは思い立ったらすぐにできる点と苦痛の度合いが低いからではないだろうか。結局、脳内物質の点から見ればどの行為も同じなのだが、社会的容認度で言えば違うのであろう。社会は楽して脳内物質による快楽を制限しているのではないだろうか。本筋とずれるが、麻薬の乱用を多くの国が制限しているのも同じ理屈によるものだろう。

 

 

まとめ
自傷行為は脳内物質をいとも容易く得るといった点では、非常に合理的な行為ではないだろうか。それによってできた傷跡が、多くの人にとってグロテスクに映るのは、楽をしすぎている点を非難しているからかもしれない。自傷行為をする心理というのは追い詰められており、決して楽をしてやろうという意志はないのだが。その辺ズレが当事者と非当事者の意識を分けてしまうのかもしれない。

「受容」

いつか、いつの日か私のことを丸ごと受け入れてくれる人が現れるかもしれない。そんなことを昔は考えていたものだが、そんな人など存在しない。

では、私自身は、誰かを丸ごとに受け入れたことがあっただろうか。許容と理解なら、あり得るが、受け入れたことはない。
このようなことから、人から丸ごと受け入れられることなんて、不可能であるのだ。

それでも、かつては存在していた。それは、羊水である。生まれる前の、独立していない存在であれば、丸ごと受け入れられているのではないだろうか。もう、戻ることなどできもしないけど。

そもそも、人に受け入れられるというのはそんなに必要であるのだろうか。別に、人から受け入れられなかったとしても、それによって、肉体的な死を迎えることなどないのだ。人から受け入れられるというのは、人にとって、付加要素である。
確かに、誰かから受け入れられることによって、人の精神は安定する。居場所ができたような気もするし、なんだか、なんでもできるような気がしてくるのだ。ただし、受け入れられると、丸ごと受け入れられるは別物である。相手に、多少興味を持ってもらって、僅かな理解だけで、安心した空間は作り出される。そのため、別に丸ごと受け入れられる必要などないのだ。別に、安心した空間だって無理して作る必要もない。必要最低限の他者との交流ができれば、社会的な死は避けられる。

丸ごと受け入れられるなんて、幻想でしかない。だからと言って、想像しないことはない。現れる訳ないけど、現れたらいいなって。その辺にもまだすきがあるというのかな。